嫌なことを言われて怒り、不安、恐怖が出ていた問題が解決!どんどん来いよ!跳ね除けてやるぜ!(笑)なんて思うくらい心が強くなりました。
過去、「勝手なことを言わないで」と怒りが出て、
その怒りを抑圧して、心が苦しくなっていきました。

その問題が解決されたので、まとめます。

その怒りが出ていたのは、
その人の思い込みをこっちに押し付けてこようとしていたから。
思考の強要、強迫、そんな感じですね。

嫌なこと(見当違いな身勝手な決めつけ)を言われた」ことで、
怒りが出て、不安と恐怖が出ていました。

そして、親に、嫌なことを言う人を跳ねのけて欲しかった。
守ってもらいたかった。


つまり、結局この頃は、まだ自分は子供だったんです。
自分の問題を親に何とかしてほしい子供だったのです。

そこから、自分の感情に徹底して向き合いました。
サヨナラ・モンスターの教材本編の「7、3、自分の感情を感じる」です。

これを繰り返していくと、自分がこれまでに
どれだけ自分に酷いことをしていたか
自分を軽視して無視していたのかわかってきたんです。


自分て情けないやつだな・・・
心からそう気づきました。

目の前の小さな子(心の中の小さな自分)さえも守らない、
そんでSNSで有名人のツイートに媚びていいねなんてポチって押しちゃって。
馬鹿みたい、腐ってる、そう思いました。

目が覚めたんです。

自分は親に守ってもらおうとして?
それで自分は赤の他人である有名人の言葉を称賛している・・・
腐ってるなぁ・・・おむつ野郎じゃないか!!!

そう目が覚めました。

自分を守ろう。

生まれて初めて思った瞬間です。

大切にされるって何か知らないまま育って、
自分が扱われたように、自分で自分のことを扱っていた。

情けない・・

変わろう、そう決心しました。

それから、自分には「跳ね除ける力」がついていることに気づきました。

見当違いで身勝手な決めつけを押し付けてこようとしている人を引き寄せていたのは自分だったのです。
だってその人たちは見当違いで身勝手な決めつけを押し付けたいわけです。
ですから、押し付けやすい人に寄り付くに決まってます。

だから自分は押し付けやすい人だったんです。
相手からしたら。

それから気持ちも徐々に変わってきて、
跳ね除ける力をつけるチャンスだ!と思えて、
強く自分を生きるためにとても大事なことが身に着く!
良いことじゃないか!
どんどん来いよ!跳ね除けてやるぜ!(笑)
なんて思うこともありました、

心は確かに強くなりました。
【6年もの集大成】
この気持ちの変化や成長が起こった方法!
サヨナラ・モンスター公式サイト
戻る


※掲載している内容はあくまでも個人(サヨナラ・モンスター参加者)の感想です。
※緑のボタンは、文章投稿者と運営側での提携リンクとなっております。(文章投稿者が設定した場合に限り)
※買取した体験談のみ下部に【体験談買取】の表記を致します。この表記がない場合は買取した体験談ではありません。
※お問い合わせは緑のボタンのリンク先の「特定商取引法に基づく表記」に記載のメールアドレスに送信して下さい。